テルミー体験談(蜂に刺される)

posted in: テルミー体験談 | 0

毎週、テルミーの施術に来られるお客様からメールがきました。

 

『蜂にテルミーしてもいいですか?』とのメールでした。

 

よくよく話を聞くと、窓を開けたら蜂から腕を刺されたということでした。

蜂に刺された後は針がなくて、膨れたから病院に見せに行ったら腫れが治っていたので塗り薬と飲み薬だけもらって帰ったそうです。次の日に腕がむず痒かく腕を見ると少し腫れいたそうです。そこで私にご連絡がありました。

 

テルミーのかけ方をお伝えしました。

 

3日後のテルミーの日に腕を拝見させて頂きましたが、赤みがあってまだ少し腫れていました。熱はもっていませんでした。

 

テルミー施術前の写真

 

施術中は、

「むず痒いところにテルミーがあたっていると気持ちがいいね^ – ^」

と言われました。

 

痒み <   痛み

 

脳には、痒みの神経より痛みの神経の方がすぐに伝わります。

少し熱い温度を感じると痛点として感じるので痒みが止まります。

 

テルミー線の効能の中にモグサが入っています。モグサの効能は、鎮静、鎮痛、止血作用があります。

 

虫刺されの時にもテルミー大活躍です。

しかし、

蜂やムカデなど毒性が強い虫の場合は、テルミーの効果を過信せずに病院に行って治療を受けてください。

その後、テルミーをご活用されてくださいね^ – ^

 

 

気になる施術後の腕の様子ですが、

 

赤みが薄くなり腫れが小さくなっていました。

 

お帰りの際は、お家でのテルミーのかけ方を改めてお伝えしました。

また来週に来て頂いた時に痒みと腫れが治っていたらなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA