テルミー線の火付け(着火)

posted in: テルミー | 0

今日は、

テルミー線の火の付け方の紹介です。

 

① 冷温器にテルミー線を挿入します。

ローソクに火をつけます。

ローソクはサイズの大きい方が火付け(着火)しやすいです。

 

② テルミー線を垂直に
  ローソクの外炎のてっぺんに乗せる様に置きます。
③ テルミー線を焦がすように炙り(あまり大きく揺らさない)、ゆっくり回転して反対側も同じように焦がすように炙ります。
  黒く焦がしがついたらよ赤い熱源の柱火がつきます。回しながら反対側にも火をつけます。
④ ローソクの炎からゆっくり離します。
  ゆっくり回転しテルミー線に付いている炎が二等辺三角形になるように2㎝~3㎝の高さにしっかり燃やしてください。
  ※テルミーの火に慣れていない場合は火付けが難しいと思いますので小さい火で練習をしてください。
⑤ テルミー線についている火を消します。
  その時赤い柱火の火の長さは
  0.5センチがとても良い熱源の状態になります。
⑥ その後、冷温器の外管に入れます。
火付けは、熱源の素になるのでとても重要になります。
最初は、難しいところもありますが、練習すると上手に出来る様になります^ – ^
是非是非、練習を重ねてみてくだいね^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA