癌とテルミー

 

 

娘が癌と診断され、

退院してから毎日テルミーをかけています。

今日で約4ヶ月。毎日テルミーしています。

 

娘は、いつも

『足の裏をテルミーして〜』と言います。

 

8月当初、

足を触ると冷たい。

足の裏をテルミーすると、

なんだか違和感。この感触を何に例えていいかわからない。

 

4カ月たつと、

なんとも言えない感触の足の裏が人並みの感触に戻る。この感触は、3カ月あたりから感じはじめた。

そのころから、足の裏をして〜という事はなくなる。

私が自由にテルミーしても何も言わない。

 

ここ2週間は

『頭をテルミーして〜』と言うことが多い。

夜中に起きた時も、

『テルミーして〜』と言う。

 

ここ最近は、身体に熱を必要としているのかな?と思い、時間を見つけては、娘の頭や足や手やらとテルミーをしています。

 

昔、テルミーのお勉強会の時に、

「頭が痛い時は足をしっかりテルミーをしてくださいね」と聞いたことがありました。

サロンに来られる方が頭が痛いと言われると頭を中心とする施術をしていましが、

娘を通し、足の施術の大切さと効果がわかりました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA